アクセスカウンタ

全身ノンフィクション作家

プロフィール

ブログ名
全身ノンフィクション作家
ブログ紹介
上原善広・1973年大阪府出身、東京都在住。大阪体育大学卒業後ノンフィクションの取材・執筆を始める。2010年、第41回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2012年第18回雑誌ジャーナリズム賞大賞受賞。
上原善広へのメール yosi96@hotmail.com 
ツイッター https://twitter.com/yosihiro96


○刊行情報 
一投に賭ける―溝口和洋 最後の無頼派アスリート
(KADOKAWA) 発売中

○連載 
『日本の芸能を旅する』ルポルタージュ
SAPIO」小学館 不定期連載

○海外遠征情報
『カナダ―150年 街道をゆく 1万キロの旅路』
旅の模様は以下のサイト、ブログへ
・カナダ―150年 街道をゆくブログ
・カナダ・シアター(元サイト。カナダの映像等、様々なイベント案内) 

○著書
  • 被差別のグルメ(新潮新書)
  • 石の虚塔』(新潮社)
  • 異邦人―世界の辺境を旅する』(文春文庫)
  • 差別と教育と私』(文藝春秋)
  • 路地の教室―部落差別を考える』(ちくまプリマー新書)
  • 日本の路地を旅する』(文春文庫)
  • 被差別の食卓』(新潮新書)
  • 異形の日本人』(新潮新書)
  • 私家版 差別語辞典』(新潮選書)
  • 聖路加病院訪問看護科』(新潮新書)
  • 韓国の路地を旅する』(ミリオン出版)
  • zoom RSS

    サピオ 1月号「日本の芸能を旅する」木下大サーカス

    2016/12/08 18:37
    いま売り出し中のサピオ1月号にシリーズ「日本の芸能を旅する」、木下大サーカス編を掲載しています。

    画像


    書店などで見かけたら、手にとっていただければ幸いです。

    この連載は、あと2回ほどで終了予定です。

    残りラストスパート、頑張ります!



    記事へトラックバック / コメント


    サピオ12月号「日本の芸能を旅する」里見まさと

    2016/11/08 17:35
    いま発売中のサピオ12月号で、シリーズ「日本の芸能を旅する」漫才編が掲載されています。

    画像



    今回は漫才編ということで、ザ・ぼんちの里見まさとさんを取材しました(右の方)。

    画像


    まさとさんは一般的には地味に映るかもしれませんが、漫才コンビの相方を変えて二度、成功した稀有な本格漫才師でもあります。まさに漫才の鬼ですね。

    書店で見かけたら、ぜひご一読いただければ幸いです。

    シリーズは今号から連続で掲載していく予定ですので、どうかご注目ください!


    記事へトラックバック / コメント


    体調悪し。。。

    2016/10/31 16:39
    あまり近況では悪いことは書かないようにしているのですが、あまりに体調が悪い状態が続いているので。。。

    最近は日中がまったく動けず、夕方頃からボチボチ活動を始めるということが続いています。なので先週くらいから夜に原稿することで、何とか仕事を動かしています。

    頭もすっきりせず、まあ、これは前からなのですが、日中は食事も何を取ったらいいかわからなくなるほどで、季節的なものなのかなーと諦めムード。薬もあれこれ増減してみるのですが、これといった原因もわからず。まあ、ドツボにはまってますな。

    カナダ疲れがまだ続いているのだと思うのですが、これほどだとは思いませんでしたね。何も手につかない。。。

    こういうときは諦めて静養に専念といきたいところですが、自営業なのでそれもかなわず。本がちょっとでも売れてくれれば休めるのですが、これもまた売れず、仕方なくダラダラと働くという悪循環です。

    とりあえず動けないときは、本はもちろん映画や漫画など、最近のものをチェックするようにしています。とくに漫画はここのところ読めていなかったので、とりあえず数年ぶりに漫画喫茶にでも行ってみるかと思っています。文芸誌もチェックしたいのですが、重い物は避けています。

    冬は好きな季節なので、これからまた良くなると思います。それまで頑張るぞ。




    記事へトラックバック / コメント


    君の名は。とシン・ゴジラ

    2016/10/22 15:01
    ようやくまとまった時間がとれ、2本まとめて見てきました。

    どちらかというと「君の名は。」の方が、ぼく自身がアニメに明るくないこともあり、難解ではないかと思って挑んだのですが、時間軸のズレが複層的になっている以外は意外にシンプルな物語で、好感をもって見れました。非常にリアルに描かれた戸が閉まるシーンが幾度も出てきたりするところは、本作のテーマである「結び」「つながる」ということが時々断たれているサブリミラル効果っぽい表現もあり、あとからじわーっとくる感じですね。

    特に気になったのは、民俗学的なテーマも持っていること、家族がそれぞれの事情を抱えていることなどが、これもまたサブリミラル的に出てきて、本作の世界観を広げるのに効果的だと思いました。絵に対するこだわりは、ジプリ以上かもしれませんね。進化してるというか。。。

    大御所系の方からは批判?も出ていますが、そう批判したい意味もよくわかりました。作品としてはシンプルなので、どうかなーと思うのかもしれませんね。複層的な筋書きについては、もっとややこしい映画を見てきたので、わりにシンプルに見れたんですね。本作の主な観客は、そうした映画をあまり見ていない層が多いのではないでしょうか。この辺りの手ダレ感が、好き嫌いの分かれ目かもしれません。

    ぼくとしては、やはり現代日本が抱えるテッパンネタである災害、喪失、閉そく感などが挿入されていて、ヒット作としての飽くなき追究には勉強させられました。ぼく自身は作品を書くとき「今」という問題に対して、じっと観察して放っておく悪いクセがあるのですが、そろそろ治してもいいかなと思わされました。もう遅いかもしれないけど。

    どちらにしても本作はシンプルな物語に時間軸のズレという複層構造、世界観の広がり、緻密なカット、ジョークが随所に入れられていて、傑作なのは間違いないと思いました。ぼくは作風として「日本の今」と「時間のズレ」などのSF的なところは苦手なので、ははーっと感心しきりでしたね。


    対してシン・ゴジラですが、こちらは専門とするノンフィクションに近いフィクションものであることもあり、苦手なアニメ作品よりは親しみをもって見れました。

    シン・ゴジラの映像は見ていたので、やはり造形としてはキチンとしていなくて、形があってないようなゴジラはさすが庵野スタイル。この曖昧模糊とした感じがまたモヤモヤしていいですね。セリフも早いと聞いていたのですが、心の準備をして行ったので、なんとかついていけました。昔の日本映画の方がアフレコの方が聞き取りにくくないですか?(笑)

    帰国子女的な役柄の女優さんに対する批判(英語のイントネーションが母語に聞こえない)もありましたが、違和感のうえに違和感があることで成り立っている映画なので、ぼくは特に気になりませんでした。「春と修羅」の暗示とか、その方面の謎かけの方が深く感じるタチなので、こちらの方が「君の名は。」よりは映画として深く考えさせられました。

    こちらはちょっとわからない個所がかなりあったので、パンフを買ってざっと読んだのですが、かなりノンフィクションとして取り組んだフィクションという印象はそのまま当たっていて、まあとにかく「本格的なゴジラ」でしたね。

    上記にあるように現代日本の「自然災害」というキーワードもバッチリはまってますし、各々の人物像はそう深く描いていないのですが、数々の謎かけがそれを補っていて想像をかきたてられ、それが世界観の不思議な広がりにつながり、見ていられる。官僚ギャグも効いていました。落語のようにクスッという感じですね。

    とまあ、ただの感想文になってしまいましたが、今年の邦画は当たり年ですね。上映に間に合ってよかったです。ノンフィクションもいろいろと学ぶところが多いと思いますので、とても刺激になりました。



    記事へトラックバック / コメント


    うーん。。。

    2016/10/18 11:27
    体調が悪いです。

    カナダの長旅の疲れがなかなか取れず、それに加えてカナダにいるときは無視できた私事のトラブルも多く噴出して、その処理に追われてしまっています。

    体調管理のため、頑張ってウェイトに専念しているのですが、筋肉つくだけで、服を着るとわからないんですね。これから冬に向かうというのに、なにやってるんでしょうかね。

    ウェイトよりも有酸素運動の方が脂肪も減るし、脳や健康に有益なのは学術的に証明されているのですが、ぼくは有酸素が苦手なのですね。とにかくカナダでは体がポロポロになったので、基礎体力という意味で、ウェイトをやっています。

    しかし面白いのですが、痩せてムキムキなときよりも、太っているときの方が女性にもてるんですね。ぼくは仕事が忙しくなるとトレーニング量が減るので、太ってしまいます。逆にぼくが痩せているときは、仕事が閑なときです。

    これはドーピング専門のドクターと話していてわかったことなのですが、どうも仕事が上向きのときは、女性の方もそれがわかるようで、太っていても仕事が順調なときの方がもてるようです。逆にやせていても、仕事が上向きじゃないので、もてないようです。

    昔はそれを言い訳にできたのですが、さすがにこの歳(43)になるとそうも言ってられないし、もてなくなってきたので、仕事でいけないとき以外はほぼ毎日、ジムに出向くようにしています。今は場末のプロレスラーくらいでしょうか。幕下の力士とか(笑)

    ということで、仕事は相変わらずですが、体はできるだけ鍛えるようにしています。以前より長旅のあとの疲れが長く残るようになってしまったので、万全な体調にもどすまで、あと一、二カ月はかかりそうです。決して〆切りが伸びているいいわけではありません。。。多分。

    とにかくもう少し、我慢の時間がいるようです。頑張ります!




    記事へトラックバック / コメント


    カナダ・ブログ更新しました

    2016/10/11 17:19
    今日はお知らせが二つ。

    まず更新が止まっていたカナダ・ブログですが、無事に更新しました。トップページののリンクから入れますので、興味ある方はぜひ。

    もう一つはわが親友、八木澤高明の新刊です。

    娼婦たちから見た戦場 イラク、ネパール、タイ、中国、韓国』(KADOKAWA)
    画像



    昨日一気読みしたのですが、二割くらいの場所に一緒に行っているので、懐かしかったです。ちょっと小難しい表現とか、暗すぎるトーンなどが気になりましたが、それって全部、ぼくのことなんですよね。二人で反省会でもやりますか(笑)

    それは冗談ですが、娼婦という切り口でおこなった戦場取材を書いています。戦況情勢などはちょっと難しいので飛ばしても大丈夫だと思いますが、彼のすごいところは、10年前の取材現場にまた戻って、当時出会った当事者たちと会っているところでしょう。昔から律儀な男です。

    海外で出会った人が、いまどうしてるのだろうと思うことはあると思うのですが、なかなか疎遠になった人とは再会できないものですよね。そうした人たちにも、丹念に会いに行って、現在の状況を聞いています。

    従軍慰安婦問題などが日本でもありますが、世界中で同じような問題があったという現実を追究。そこから彼なりにいろいろと考察しています。売春問題などに興味ある方には、特にお薦めです。



    記事へトラックバック / コメント


    近況

    2016/10/03 11:23
    カナダより帰国後は、少し静養して、先週から本格始動したのですが、
    いまだ本調子ではなく、この週末は高熱が出て寝込んでおりました。

    歳はとりたくないものですね。
    海外取材から帰ったときの疲れの取れ方が、非常に遅くなりました。。。

    というわけで途中報告ですが、現在、取り組んでいるのは以下の通りです。


    まず連載としては、

    @サピオ「日本の芸能を旅する」の再開

    Aカナダ・ブログの更新


    また単行本としては、

    @新潮45で連載していた『私大阪』の単行本化

    A双葉社「カラフル」で連載していた日本の旅短編集

    Bアンソロジーの解説執筆

    Cカナダの旅を単行本としてまとめる


    圧倒的に単行本にまとめる作業が多いですね。

    カナダ本は、ぼくにしては珍しく、軽い読み物にしようと思っています。
    目標は「ラーメンを食べながら読める本」です(笑)

    @の新潮の本は、最大の懸念事項で、これは本格読み物なのでガッツリやってます。

    Aの短編集はほぼできているので、もう一息です。


    ただぼくの場合、連載していても、大幅に書き直すクセがあるので、
    ちょっと時間がかかっております。

    現在、鋭意製作中でありますので、どうかご期待ください。

    体調がまだまだイマイチでありますが、
    またツイッターやカナダ・ブログなどで応援いただけるとありがたいです。



    記事へトラックバック / コメント


    帰国しました

    2016/09/15 14:55
    昨夜、無事にカナダより帰国しました。

    3カ月半という長い取材でいろいろとご迷惑おかけしました。

    少し休養してから、また頑張りたいと思います。

    今後ともどうかよろしくお願いいたします。


    記事へトラックバック / コメント


    カナダだより 9/3

    2016/09/04 07:55
    現在、無事にカナダの全取材を終えて、ホワイトホースからバンクーバーに移りました。

    こちらに来てから痛めた腰はよくなったのですが、肩はまだ治らず。

    全身ボロボロですが、なんとかやっています。帰国は今月下旬予定です。

    こちらではあと執筆と、資料収集などに専念して帰国したいと思います。

    カナダ・ブログも更新しましたので、ぜひお立ち寄りください。


    「ロッキ―B あるピッケルの物語」
    http://canada.jp/blog/post-6998/

    画像
    記事へトラックバック / コメント


    カナダだより

    2016/08/19 09:43
    なかなか更新できませんが、元気でやっております。

    実は、肩と腰を痛めてボロボロだったのですが、今は大丈夫です。
    ただ肩だけは治りませんね。四十肩というやつでしょうか。

    現在はだいぶん進んで、ユーコン準州に入っています。
    ユーコンは20年ぶりなので、とても楽しみながら旅をしています。

    カナダ・ブログも今日、更新できました。

    こちらはまだロッキーに入ったところですが、
    ぜひお立ち寄りください。

    「ロッキ― キャンモアの由来」
    http://canada.jp/blog/post-6834/

    画像



    記事へトラックバック / コメント


    カナダだより

    2016/08/05 09:05
    現在はブリティッシュコロンビア州を移動中です。

    こちらは日本ほど暑くないですが、それでも日が照ると灼熱。。。
    反対に曇ると、肌寒いので、寒暖の差が激しいですね。

    カナダ・ブログも更新しました。
    お時間ありましたら、ぜひお立ち寄りください。
    写真のカウボーイは、実は14歳の女の子(カウガール)なのです。

    お父さんのジャンパーを着ているので、
    よく見るとぶかぶかなのが可愛いですね。

    「本物のカウボーイ」
    http://canada.jp/blog/post-6727/

    画像


    記事へトラックバック / コメント


    カナダだより

    2016/07/31 07:30
    カナダ・プログを更新しました。
    ぜひお立ち寄りください。

    「アルバータで恐竜の話 新進気鋭の恐竜研究者・田中康平さんインタビュー」
    http://canada.jp/blog/post-6663/
    画像


    今はティム・ホートン(カフェ)で、フェリー待ちしているところです。

    日本も暑いと思いますが、カナダもだんだん暑くなってきました。





    記事へトラックバック / コメント


    レター・フロム・カナダ

    2016/07/22 09:29
    カナダ・ブログとはちょっとタイムラグありますが、
    現在、BC州カムループスに入りました。

    今日はちょっと休憩しながら、用事を片付けています。

    ここには「SANBIKI」(三匹?)という日本食堂&食料品店があり、
    カナダ食に飽きたら、チョコチョコ寄って食事しています。

    ロッキ―での最低温度は6℃でしたが、ここでは32℃です。
    体がちょっと、おかしくなりますねー。

    体調には気を付けて、旅をつづけますよ。





    記事へトラックバック / コメント


    カナダだより

    2016/07/08 04:15
    今はカナダのロッキー山脈にいます。

    カナダ・ブログも更新していますので、ぜひお立ち寄りください。

    http://canada.jp/blog/post-6183/


    こちらでは忙しく取材をこなし、
    取材がないときはブログや単行本の原稿に取り組んでいます。

    忙しくしていますが、楽しく仕事できています。


    そういえば先日、43歳になりました。

    もう人生の折り返しもとっくに過ぎたので、
    人生の残りの課題を頑張って片付けていきたいと思います。

    ではまた。




    記事へトラックバック / コメント


    カナダだより

    2016/06/29 06:48
    現在、カナダ中部に滞在しています。

    こちらは梅雨の日本と違って乾燥しているのですが、
    日中と日没後の気温差が15℃くらいあったりして、
    ちょっと慣れるのに時間がかかっています。

    カナダ・ブログも随時更新していますので、
    カナダ滞在中はこちらを見てみてくださいね。

    今回は3ヶ月に及ぶ長旅ですが、
    事故などないよう注意して頑張ります。

    みなさんの応援、よろしくお願いいたします。



    記事へトラックバック / コメント


    レター・フロム・カナダ

    2016/06/24 00:52
    「レター・フロム・カナダ」というの(ドラマ?)があったと読者の方に教えていただいて、さっそく知り合いに使ったら、疲れ果てていたのか「カナダ・フロム・レター」と間違って記してしまった、上原です。

    カナダ・ブログを更新しました。トロントでグールドを巡っています。

    http://canada.jp/blog/post-6106/


    現在は安宿に泊まって、ブログをガンガン書きためております。

    こちらは陽が長くて、日の出は5時半なのですが、日の入りが午後10時です。




    記事へトラックバック / コメント


    ランス・オ・メドウ

    2016/06/13 11:25
    カナダ・ブログ、更新しました。
    ぜひお便りください。

    「ランス・オ・メドウ」
    http://canada.jp/blog/post-5936/

    記事へトラックバック / コメント


    ニューファンより

    2016/06/10 05:12
    カナダのニューファンドランド島に来ています。

    カナダ・ブログを更新しましたので、ぜひお立ち寄りください。
    こちらは現在、午後5時40分。気温は12℃くらいです。

    http://canada.jp/blog/post-5920/



    記事へトラックバック / コメント


    カナダ・ブログ始めました

    2016/06/04 11:20
    カナダに到着しました。
    現在はニューファンドランドの州都セントジョンズにいます。

    現在の気温は3℃ということで、寒いですね(^^)


    カナダ・ブログもスタートしたので、お知らせしておきます。

    http://canada.jp/blog/post-5907/

    今後はカナダ・ブログをメインにして、書いていきます。
    3日に一度の更新を目標にしますので、また時々のぞいてみてくださいね。

    新刊などの情報は、またこのウエハラ・ブログに書きます。

    ではでは。


    記事へトラックバック / コメント


    新刊『一投に賭ける』

    2016/06/01 20:57
    今月30日発売予定の新刊

    『一投に賭ける 溝口和洋 最後の無頼派アスリート』
    (KADOKAWA)

    表紙が出来上がってきたので、貼り付けておきますね。

    画像



    画像



    実際の本の帯文などは、変更されていると思いますが、
    Amazonなどではすでに予約が始まっています。

    どうかご期待ください。


    記事へトラックバック / コメント


    カナダ行き

    2016/06/01 12:16
    いよいよ明日から、カナダの旅に行ってきます。

    カナダ渡航中は以下のカナダ・ブログで、
    リアルタイムで更新していきますので、
    どうかこちらをのぞいてみてくださいね。

    カナダシアター内「カナダ150年 街道をゆく


    一投に賭けるー溝口和洋 最後の無頼派アスリート』も、
    ぼくがカナダにいる間に発刊となるので、手に取るのが待ちどおしいです。


    明日以降、更新は主に上記「カナダ・ブログ」で行っていきますので、
    どうかよろしくお願いいたします。

    ではでは、行ってきます。


    記事へトラックバック / コメント


    近況

    2016/05/30 12:27
    ご無沙汰していましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

    先日、近刊『一投に賭けるー溝口和洋 最後の無頼派アスリート』(旧題「溝口のやり」 KADOKAWA)の再校ゲラを終えました。

    ゲラというのは、実際に本になったときの体裁でデザインされて上がってきた原稿で、校正というのは誤字脱字・文章の添削をすることです。再校というのは、2度目ということです(1回目の校正を「初校」といいます)。つまり、ほぼこれで発刊の準備が終了したことになります。

    取材に18年をかけたといえば聞こえはいいかもしれませんが、その間は、暗闇の中で試行錯誤してきました。単行本としての構想は10年くらいで、テーマが地味なだけに、なかなか形にならず四苦八苦していたというのが正直なところです。

    6/30に発売予定です。
    表紙などが上がってきたら、またここでお知らせしますね。


    それと今週木曜日、6/2からカナダに行ってきます。

    これはカナダが来年「建国150周年」を迎えるということで、カナダ全土を回ってルポするという企画です。今回の期間は3カ月+2週間。9月中旬に帰国予定です。けっこうハードな日程と行程なので、どうなるかわかりませんが、できるだけ頑張ってルポしてきたいと思います。

    その間は、カナダ観光局「カナダシアター」内にあるブログ「カナダ150年 歴史街道をゆく」に、ほぼリアルタイムでアップしていきますので、また時々のぞいてみてくださいね。

    ブログ「カナダ150年 歴史街道をゆく」

    ということで、今はカナダの渡航準備でバタバタしております。3カ月以上も出っぱなしなので、準備が大変です。まあ、行き先がカナダということで、基本的なものさえ押さえておけば、他の物は忘れても揃いますが。。。

    ここのところ旅の準備や、シリーズ連載の事前取材などがあって多忙だったこともあり、調子は必ずしも万全ではありませんが、せっかくの大きくて長い旅なので、楽しんできたいと思います。

    今後ともどうかよろしくお願いいたします。




    記事へトラックバック / コメント


    近況

    2016/05/08 11:52
    久しぶりの更新になります。
    ちゃんと生きていたので、どうかご安心ください。

    ところで、いよいよカナダ出発まで、あと一カ月をきりました。
    今は準備とやっておきべき仕事をこなしています。
    まあ、貧乏ヒマなしですね。

    それとKADOKAWAの「野生時代」に連載していた『溝口のやり』は、
    『一投に賭ける―溝口和洋 最後の無頼派アスリート』というタイトルで、
    来月下旬には発売できると思います。

    また決まりましたら、ここでお知らせしますね。

    連休中は山形の鶴岡へ、黒川能の取材に行っていました。
    最終日に胃腸炎で寝込んでしまい、しまらない取材になってしまいました。
    べつにおかしなものは食べていないので、どうも過労のようです。
    もう歳なので、困ったものですね。

    暖かい日が続きますが、皆さんも体調の変化にはご注意くださいね。

    ではでは、また書き込みます。


    記事へトラックバック / コメント


    近況

    2016/04/03 11:35
    ここのところは、本の執筆に専念しています。

    まずKADOKAWAの「溝口のやり」ですが、
    これはタイトルを変えて6月下旬には出版できると思います。

    双葉社のウェブマガジン「カラフル」に連載していた旅の短編集。
    これも早ければ6月にはお知らせできると思います。

    それから先月、連載の終わった『私大阪』ですが、
    これは今月から推敲に入ります。

    ちょっといまスランプ中なので、どこまでやれるかなー、
    といったところですね。

    今年は本がたくさん出る、
    いい年にしたいと思っています。




    記事へトラックバック / コメント


    スランプ?

    2016/03/24 21:03
    なのか何なのか、よくわからないのですが、
    ここのところ、雑文が書けなくなりました。

    なんかこう、文章がまったく浮かんでこないのですね。
    季節ガラなのかもしれません。

    と、まあここまで書いていて、
    ちょっと思い当たるところが。。。

    まず関西取材中に風邪になりまして、
    それから痛風になってしまっていたのでした。

    今はおかげさまで治っております。

    しかし、本当のところは、
    新潮45の連載『私大阪』が終わったので、
    それでホッとしたのかもしれませんね。

    自分としてはムムム!な最終回だったのですが、
    評判は良いようで、救われたような気がしています。

    そういうノーテンキなところが、よくないのでしょうね。。。

    二週間くらい前に書き上げていて、それ以上直せなかったという、
    何とも間抜けな感じになってしまったのですが。。。

    厳しい新潮の担当編集者がOKしてくれたので、
    あれれ、おかしいなーと思っていたのですが。。。

    まあ、評判が良いようなので良しとしましょう!

    たまにはノーテンキくらいがいいのだということにしましょう。




    記事へトラックバック / コメント


    近況

    2016/03/17 20:35
    久しぶりの更新になります。

    ちょっとここのところ忙しくて、
    ブログなどの雑文を書く機会がぐーんと減っていました。

    べつにメルマガに近況を書いているから、
    ブログに書かない、というわけではありません。

    まあ、ブログの更新がないときは忙しいのだなと
    思っていただければ幸いです。

    体調の方はまあまあよくて、
    こちらも面白い話があったのですが、
    おいおい書いていきますね。

    現在は一週間の予定で淡路・兵庫県に取材にきています。
    来週は先月に引き続き、二度目の鶴岡(山形)です。

    これは「日本の芸能を旅する」再開のための取材です。

    それと、今日発売の「新潮45」で、『わたくし大阪』が終了します。
    こちらも書店で見かけたらぜひパラっとめくって見てくださいね。

    ではではー。





    記事へトラックバック / コメント


    カナダ・ブログ更新しました

    2016/02/23 12:03
    お知らせが遅れましたが、
    カナダ・ブログは細々と更新しております。

    画像


    http://canada.jp/blog/post-4508/

    ぼくにしては写真がいっぱいの
    明るい内容ですので、ぜひお立ち寄りください(^^)


    記事へトラックバック / コメント


    カナダ行き

    2016/02/14 14:49
    いませっせと今年度のカナダ行きの行程表をつくっています。

    いろいろと考えていると計画が壮大になりがちなので、
    予算も考えていろいろと試行錯誤中です。

    カナダは今のところ、5月下旬から出ることになりそうです。
    他の仕事とのかねあいもあるので、今年も忙しくなりそうですが、
    何とか頑張ります。

    カナダブログの方も、時々のぞいてみてくださいね。


    あと、パプアで10年ほど籠城した戦記を読み直していたのですが。。。

    獲ったヒクイドリやイノシシの脂分が
    多すぎてお腹を下したので、
    脂分だけ煮出して脂を取り、
    そのカスを食べると調子良かったと書いてあったんですね。

    「これはアブラカスのことではないか」
    とびっくりしました。

    なんでも読み返すものですねー。



    記事へトラックバック / コメント


    オフ会報告&カナダ・ブログ更新

    2016/01/31 11:27
    カナダ・ブログ、更新しました。
    こちらもどうかお立ち寄りください!
    http://canada.jp/blog/post-458/


    さて、人生で初めてのオフ会。。。

    総計21名の方がお越しくださり、
    またいろんな方に来ていただけたので、
    とても楽しい会となりました。

    トークイベントなども一段落、
    Amazonの在庫はひとまず売り切ることができました。
    (もちろん今は入荷しています)

    これでしばらくはイベント関係はお休みして、
    執筆に専念します。

    近況などはメルマガで配信しています。

    このブログはお知らせ用になりますので、
    また上原に興味あるという奇特な方は、
    メルマガの購読、よろしくお願いいたします。
    http://www.mag2.com/m/0001670548.html

    経済的理由でメルマガを購読できない方も、
    こちらに目次など告知しますので、
    またこのブログも時々のぞいてみてくださいね。

    ツイッターでも時々つぶやいていますので、
    どうかお立ち寄りください。
    https://twitter.com/yosihiro96


    また、大先輩のノンフィクション作家、
    立石泰則さんがメルマガを創刊されました。

    こちらは上原のとは違って、経済事情に詳しくなる
    とても有意義なメルマガですので、興味ある方は
    サンプルをご覧の上、ご購読をお薦めいたします。
    http://www.mag2.com/m/0001671278.html


    トークイベント、オフ会などにご参加の皆さん、
    どうもありがとうございました。

    ではでは、しばらく穴倉に戻りまーす(^^)



    記事へトラックバック / コメント


    ラストのイベント

    2016/01/23 13:52
    今日はイベントのラスト日です。

    雪が降るとのことで「えー!」と思っていたのですが。。。

    どうも本当に降るみたいで、
    来ていただける方に大変申し訳なく思っております。

    その代わり、サイボシは羽曳野と松原・更池のを、
    皆さんと食べ比べします。

    馬の質はもちろん、味付けも違うこの二つ。
    隣同士の路地なのに、面白いですね。

    ぼくも羽曳野・向野のサイボシは初めてなので、
    楽しみです。

    今日は来られない方も、またここでご報告しますね。



    記事へトラックバック / コメント


    続きを見る

    トップへ

    月別リンク

    全身ノンフィクション作家/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる